公益社団法人
革新的医療開発支援機構

当社団法人について

代表理事挨拶

革新的医療とは、これまでの医療とは異なる発想で患者さまの治癒をめざす医療のことです。これら革新的な医療分野は日進月歩であり、これまで難治とされていた病気の治療でさえも可能になるかもしれません。成果の上がりつつあるこれら革新的医療の研究の成果の実用化を支援し、一刻も早く普及させ、現時点での医療で救えない患者さまへの治癒の可能性を迅速に広げるため、主に革新的医療の開発支援、普及啓発、公共性推進、そして研究開発という4つの事業を柱として位置づけ、医療の進展に寄与したいと考えております。

代表理事 松山晃文

概要・沿革

■概要


名称:公益社団法人 革新的医療開発支援機構


英名:Institute of Innovative Medical Technology


代表者:代表理事 松山晃文


設立日:2019年10月24日


所在地:大阪市北区中津一丁目11-11


主な業務内容:

革新的医療実編のための研究開発

革新的医療等開発のための製造・品質・非臨床試験支援

革新的医療等研究開発のための規制等に関する調査研究

世界の革新的医療品に関する研究・開発関連動向調査研究など


■沿革


2019年10月 一般財団法人 革新的医療開発支援機構 設立


2021年8月   事務所移転


2022年4月   公益社団法人に移行

組織図

公表資料


定款


事業報告等