公益社団法人
革新的医療開発支援機構

研究者・企業の方

特定認定再生
医療等委員会

再生医療等の安全性の確保等に関する法律(平成二十五年法律第八十五号)施行に伴い、再生医療等提供計画の申請には、厚生労働省の認定を受けた認定再生医療等委員会の意見書の添付が必要です。
この度、革新的医療開発支援機構では、厚生労働省の認定を受け、第1種・第2種及び第3種すべての再生医療等提供計画の審査等業務を担うことができる特定認定再生医療等委員会を設置いたしました。 

利益相反委員会 

公的研究である厚生労働科学研究の公正性、信頼性を確保するため、利害関係が想定される企業等との関わり(利益相反(Conflict of Interest:COI))について適正に対応する必要があります。 

利益相反について透明性が確保され、適正に管理することを目的として、利益相反委員会(COI委員会)の設置手続きを行っております。 

医学系倫理審査委員会 

国内の研究機関において、人を対象とする医学系研究に関する倫理指針および、ヒトゲノム・遺伝子解析研究に関する倫理指針に該当する研究を行う場合は、倫理審査委員会の審査および研究機関の長の許可を受けた研究計画書に従って実施しなければなりません。 

当社団では、倫理審査委員会の設置手続きを行っています。 

トレーニングコース、
講座・セミナー 

革新的医療に関する研究者・技術者を対象として、細胞製造、品質評価技術などのセミナー、研究会等の開催や、再生医療等製品を含む革新的医療に関する基本的な実地トレーニングを実施しています。 

調査・資料収集の受託 

革新的医療の研究・技術開発に関連する薬事規制情報、研究開発動向等を調査、資料収集 

等を行い、治験・臨床研究等のサポートを致します。 

規制対応等への相談・助言 

革新的医療開発に必要な規制対応研究開発戦略の立案、薬事等の規制(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律等)に適応するデータの収集、知的財産戦略(先行特許を侵害せず、革新的医療における製剤となりうる物質の製造方法等に関して提案を行う等)、大学・研究機関等から民間への転用等に関して、ご相談やアドバイスを行います。